外国のアパートメントの間取りや住み心地

友人が台湾へ単身赴任をすることになり、現地の物件をインターネットで私も一緒になって探していました。

外国のアパートメントの間取りや住み心地

友人が台湾へ単身赴任をすることになり・・・[女性 29歳]

友人が台湾へ単身赴任をすることになり、現地の物件をインターネットで私も一緒になって探していました。
びっくりしたことに、台湾の中心都市「台北」にある一人暮らし用のアパートメントには、あるものがほとんど設置されていないのです。

日本では当然のように設置されているものが省かれているのです。
それはキッチンです、台北の一人暮らし用のアパートメントにはキッチンなしの物件が多数のようです。
ではいったい食事はどうするのかというと、外食で済ませるそうです、実は、一人暮らしでしたら自炊をするよりも格安の屋台で食事をとっているほうが安く抑えることができるのです。

それにトイレとシャワーも共同という物件もありますし、間取りも本当のワンルームのみが非常に多いです。
だから台湾の食文化にいまいちついていくことができない外国人は、最初からキッチンやお風呂などがついている物件を探すべきでしょう。少し家賃は高くなってしまいますが、暮らしやすさを重視するなら仕方がないかもしれないです。

私の友人は・・・[女性 38歳]

私の友人は、子供の頃からずっと親の転勤に伴って海外に住んでいたそうです。
そのときにはほぼアパートメントに住んでいたので、世界各地のアパートメントを体験したから日本のアパートの狭さや使い勝手の悪さにはとても驚いたそうです。

外国のアパートメントは、日本のアパートと違い、「住む」ことを楽しめる構造をしているそうです。
たとえば、日常生活を楽しむようにゆったりとした間取りや開放感があるように設計されていたり、多くの人が集まったりできるようになっていたり等の違いが多くあると言っていました。
それだけでなく、外観もオシャレで素敵なものが多く、街の景観を損なわないように配慮されている点も、日本のものとは大きく異なるそうです。

対して、日本のアパートは狭く、あまり快適とはいえないつくりや構造、間取りや外観の物件が多いので、日本に帰ってきたときに住む事になったアパートの暮らしにくさに、すぐにイヤになったといっていました。
今はその友人は郊外に一戸建てを購入して、外国のアパートメントのように暮らしやすい住まいを堪能しているそうです。

関連サイト情報

Copyright (C)2014外国のアパートメントの間取りや住み心地.All rights reserved.